脚痩せは自分なりに出来る範囲で

家の近くでウォーキングを実践して問題ありませんが、歩く時にダラダラとしないようにしてください。
姿勢を意識しつつ背筋を伸ばして腕を振る、また歩幅はいつもより若干大きめに歩くようにしてください。

 

足の裏でしっかりと地面を蹴るというな感じでウォーキングを実践する際には歩いていくようにしましょう。
歩く時間は大体1日15分程度で、最初から1時間など張り切ってしまう人がいますが長続きをしなくなってしまうので無理をしないようにしましょう。
もしかして貴方はこれまで間違ったダイエット方法を毎日にように繰り返して実践していませんか?
それでは確かに体重を減らすことは出来たとしても、リバウンドとの戦いになりかねるのでエステに相談をしてみましょう。 足が疲れやすく長距離のウォーキングが脚痩せを実現させるためのウォーキングの時に重たい靴を履いてしまうとできなくなってしまいます。
ですので軽量化されたウォーキングシューズを用意するようにしてください。

 



脚痩せは自分なりに出来る範囲でブログ:2022年05月02日

今日は寝不足です。

女性の間で悩みになっているのが、
いくら減量をしていても
なかなか効果が現れないということです。

でも実際に体重計に乗ってみると、体重が減っているので、
減量効果は出ているはず…

にも関わらず、
服などのサイズダウンを実現することができないという現象です。

このような症状に思い当たる節があるという人は、
もしかすると骨盤がゆがんでいるのかもしれません。

骨盤というのは、
左右にバランスよく付いている骨の一種です。

ところが何らかの拍子で骨盤がずれてしまうと、
左右のバランスが崩れてしまいます。

骨盤のずれは、
減量的には
決していい効果をもたらしてはくれないんですよね!

骨盤内にはリンパ液が流れていますが、
骨盤がずれると、リンパの流れが滞ってしまいます。

リンパ液というのは、
からだで生じた老廃物を排出する働きがあります。

ところがリンパ液の流れが悪くなるということは、
老廃物がからだにたまりやすくなるわけです。

老廃物がからだにたまってくると、代謝の力も鈍ってきます。
すると、太りやすく痩せにくいというからだになるわけです。

減量には食べる事のバランスが大切ですが、
からだのバランスも大切なんですね!

また、たまった老廃物はむくみの原因となります。

体重は落ちているのに、
なかなかサイズがダウンしないというのは、
このむくみが原因となっている可能性が考えられます。

なお、骨盤のゆがみは、
生活習慣と大きく関係しているといいます。

例えば、脚を組む人。
同じ方向にのみ脚を組み続けているだけでも、
骨盤がゆがむ可能性があるそうですよ。

生活習慣を見直して、減量を成功させましょう!

じゃんじゃん